会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.11.21/ 22:58(Sat)
 中日新聞が、2009年11月20日付夕刊 11面において、外国人参政権を擁護する記事を掲載いたしました。

 南京展示会の時のように購読者の少ない夕刊で載せ、ネットにUPしないあたり、いつもの確信犯ですね。

 推進派の意見垂れ流しで誤った知識を読者に広めても、「相手の意見を載せただけだから自分たちには責任ない」と逃れるのでしょう。

 「こういう記事を載せるなら、反対派の主張も同じ割合で紙面に同時に載せるべき」
 「この人と反対派の論客の対談でも主催して紙面づくりすべき」等、

 中日新聞に、ご意見御願いします! 



 以下記事掲載。



 「在日コリアンの地方参政権?EU並み相互主義、アジアでも実現を」磯貝治良

 名古屋で「在日朝鮮人作家を読む会」を主宰して三十二年間になり、朝鮮の南北和解と平和を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)「三千里鉄道」(愛知県豊橋市)の副理事長を務めて十年になる。公私を含め、多くの在日コリアン(韓国朝鮮人)と接する。

 彼らと話すと、永住外国人の地方参政権問題が話題になることがある。選挙の投票権を得るために日本籍を取得する人もいる。また、ある市の市議選に立候補するために日本籍を取った人もいる。参政権の話は、当事者にとって深刻な問題だ。

 日本で暮らす永住外国人には、植民地時代に渡日した人とその子孫である「特別永住者」と、そのほかの「一般永住者」がいる。「ニューカマー(戦後、定住した外国人)」と呼ばれる人を除き、多くの在日コリアンは特別永住者である。

 参政権の取得をめぐっては在日コリアンの中にも賛否両論がある。祖国の国籍や民族性に強いアイデンティティー(帰属意識)を持つ人は参政権の要求に消極的である。

 しかし、多くの在日コリアンは参政権の要求におおむね積極的で参政権を求める声は数十年来、高まっている。特に地方参政権は住民にとって基本的権利である、というのが要求の基礎にある。

 九月に民主、社民、国民新の三党連立の新政権が船出した。新政権のもとで永住外国人の地方参政権はどうなるだろう。

 鳩山由紀夫首相は十月九日に訪韓して、李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。記者会見では韓国メディアからの質問に答えて、永住外国人の地方参政権付与に言及し「前向きに結論を出したい」と語った。先の所信表明演説でも「弱い立場」の人々と少数者を大切にする政治に転換したいと強調した。コリアンなど在日外国人は日本社会のマイノリティー(少数派)なのだ。

 小沢一郎民主党幹事長も九月に韓国大統領の実兄である李相得(イ・サンドク)韓日議員連盟会長との会談で、在日への地方参政権の付与について「賛成だ。通常国会でなんとか目鼻をつけたい」と話した。

 前進の期待を抱かせる話がある一方で、「国民の思いが必ずしも統一されていない」との理由で難色を示す慎重派と呼ばれる国会議員の勢力もいる。そのせいだろうか、民主党の選挙前のマニフェスト(公約)には永住外国人の地方参政権付与の話は記載されなかった。しかし、同党は政策集で地方参政権の早期実現の方針を唱(うた)っており、反古(ほご)にすれば、批判をまぬがれないと思う。

 植民地時代には朝鮮半島など植民地出身者の参政権は納税など一定の要件を満たした人には付与されていたが、敗戦後の一九四五年十二月に公布された改正衆議院議員選挙法の付則には植民地出身者の参政権のはく奪が明記された。

 当時、日本には二百万人超のコリアンがいた。その人たちが参政権を持てば、国の在り方に影響を与えかねないという意見を言う政治家もいた。現在の慎重派の政治家の考えはそれとほとんど変わりなく、日本社会に深く根付き、地方参政権の議論を阻害する要因になっている。

 この問題で日本は韓国に先を越された。韓国では二〇〇五年六月に成立した改正選挙法で、一定の条件を満たした永住外国人に地方自治体の議会議員選と首長選の投票権を与えた。一定の条件とは、永住権を取得し三年が経過した十九歳以上の外国人である。同法成立時点で該当する韓国在住の日本国籍者は五十人超で地方参政権を取得し、すでに選挙を経験した。

 欧州連合(EU)加盟国の多くは、加盟国間で相互に選挙権や被選挙権を認め合う相互主義に基づき参政権を付与している。鳩山首相は「東アジア共同体」を提唱しているのだから、アジア各国間で参政権の相互主義をぜひ実現させてほしい。

 いそがい・じろう=文芸評論家・作家 1937年、愛知県半田市生まれ。文芸誌『架橋』編集発行人。
 著書に評論『戦後日本文学のなかの朝鮮韓国』『<在日>文学論』、小説『夢のゆくえ』など。同県清須市在住。


(追記23日)

 磯貝治良氏が関わっている三千里鉄道についての指摘があり、検索して公式サイトをみたら、右下に

 『2000年6月15日 愛知県の高校生の日韓交流団体である『ハムケ?ともに』が南北首脳会談を記念して製作した壁画です。』
 
 というのを発見。

 この『ハムケ?ともに』高校生平和特派員を検索したら、

 『通称『ハムケ』)は、愛知県高校生フェスティバル実行委員会と中日新聞社の共催で設立された日本・朝鮮半島をメインとする日本・韓国・在日韓国-朝鮮籍の高校生及びOB・OGによる平和活動グループです。』

 とありびっくりしました。

 つまり、中日新聞社と、三千里鉄道に関係する朝鮮半島の反戦平和グループはベッタリってことで、今回の取り上げ方も確信犯ってことです。

 眩暈がしてきました。

 尚、この『ハムケ』、日本とハングル語で作られ、リンク先は、

・愛知県高校生フェスティバル実行委員会
・韓国伝統文化高等学校
・中日新聞社
・独立記念館(・・・日帝支配時の朝鮮半島の
植民地から独立までの様子等が展示・再現・・・)
・ナヌムの家(・・・日帝支配時に日本従軍慰安婦として性的犠牲を受けたお婆さん達が集い生活している場・・・)

 で、もうなにをかいわんや。

 こんな高校生を対象とした偏向教育団体を中日新聞社が”主催”しているってみなさん、ご存知でしたか?

 もともと愛知県高校生フェスティバル実行委員会ってのは、サマーセミナーをみていても、左翼丸出しだと思っていましたが、異常すぎですね。


             
 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(1)
Category: 事務局より
 
 
Copyright © 2009 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。