会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.09.30/ 07:15(Thu)
このブログのアクセス数は、1日に50?60くらいだってな。全然、張り合い出ないねえ。
まあ、落書き帳の感覚でオレは書いてきたから何でもいいけどな。
今回は、オレの好きなオールド・プロレスを書くよ。

ブレーンバスターという殺人技がある。
使う選手は多く、またスタイルにも若干差異がある。
だが何と言っても一番手に挙げたい選手は「ディック・マードック」だろう。
もう数十年前の選手だが、プロレスファンなら忘れた人は皆無のはずだ。

マードックさんのブレーンバスターを簡略に説明したい。
?疲れだした相手選手のストマック辺りに、内臓破裂が心配される強烈なキックを見舞う。
?腰を屈めて痛さを堪える相手の首を、自分の左腕で上から抱え込む。
?相手の左腕を、自分の頭を撒くように右手で移動させる。。
?右手で相手のタイツを掴む。
?「えいっ!」と相手の身体を持ち上げる。
ここからが重要で、マードックさんのブレーンバスターは、非常に滞空時間の長い垂直式なのだ。
つまり、相手はマードックさんの「えいっ!」のタイミングで、自分の膝をバネにして飛び上がるのだが(そうしないと身体は宙に浮かない。マードックさんとの阿吽の呼吸・阿吽の協力が要諦。日中友好みたいなものだが)とにかく滞空時間が長いのが売りなので、完全にマードックさんの肩の上で倒立しなければならない。
膝が曲がっては絵にならない。ピーンと伸ばして身体を垂直に保たなければならない。強い腹筋力が要求される。
?5秒くらい倒立した相手を肩で担いでいたマードックさんは、911のWTSビル崩壊の感じで首をマットに突き刺す。
?楽勝フォールでカウントスリー、終了。
?相手は病院行き。

こんな流れだが、オレの脳裏に強く鮮明に焼きついている試合がある。
マードックさんは、日本選手をブレーンバスターでマットに沈めた。日本選手はピクリともしない。
当然フォールなのだが、憎たらしい。半失神状態、大の字の日本選手。その胸を何と余裕たっぷり、片手で軽く押さえているだけ。
ジョー樋口レフリーはカウントを取る。「ワン!ツー!・・・」
観客も茶の間のファンも「ああ、日本選手の負けだ」と思ったが、次の瞬間、何とマードックさんは、日本選手の上半身を起こしたのだ。
助けたのでは決して無い。この程度のダメージでフォールなんて甘いぜ。もっともっと苛めなきゃな。まるで殺人鬼のマードックさんだった。
日本選手は半失神状態のままだ。とは言うものの、ちゃんと正気なのでフラフラではあるがマットに立ちはした。
もちろん、再びブレーンバスターだ。今度は更に滞空時間が長かった。
ズズーン!と日本選手の首はマットに、めり込んで行った。
日本選手は死んだんじゃないかと女性ファンが悲鳴を挙げる中、マードックさんはニタニタと不気味な笑みを浮かべ、例の片手フォールだ。
「ワン!ツー!スリー!」 
カンカンカンとゴングが鳴らされ、アッサリとマードックさんの勝利だ。
ところが、ところがだ、観客も茶の間のファンも、次の瞬間に目を疑う光景を目にしたのだ。誰もが予想だにしなかった光景を。
驚くなかれ、マードックさんは素早く日本選手の上半身を起こすと、半失神状態の日本選手の首をマッサージしだしたのだ。
一生懸命に。マットに突き刺さった首を優しく労わるように、揉んで揉んでマッサージ、揉んで揉んでマッサージ。

「試合の決着は付いた。俺様の完全勝利だ。観客も茶の間のファンもイヤと言うほど納得しただろう。だが、俺様もスポーツマンだ。日本選手の身体を気遣うことは最強王者のマナーだ。日本選手が本当に死んでしまっては、互いに不都合だからな。だから、揉んで揉んでマッサージ、揉んで揉んでマッサージ」
ま、こんな感じなのだろう。ディック・マードックさんは怖すぎるわ。絶対に敵わない。
これが、プロレスファンの日本人が抱いた感想だった。

ディック・マードックさん=中国
日本選手=民主党政府

この連想に矛盾点は、ひとつとして無い。


「団塊S23キムラ」

 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(1)
Category: キムラです
 
 
Copyright © 2010 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。