会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.03.18/ 13:43(Wed)
 塚本三郎先生と日本世論の会会長の三輪和雄氏の講演ならびに対談でしたが、今までになく率直な物言いで民主党政権が誕生した際の危惧についても述べられ、非常に痛快、全国に流したい講演会でした。


■塚本三郎先生

・デモクラシーには3悪「愚民政治・堕落政治・暴力政治」あるとアリストテレスは言った。かと言って独裁政治がいいということではない。自分で選んだのだから仕方がないと思えるし、選挙で選び直す事が出来る。

・社会主義より民主主義がよいが、それでも万全はあり得ない。だから私は民主社会主義を提唱し活動して来た。人間は調和が大事なのである。

・民主主義には、正しい世論が必要であるが、とかく民衆はマスコミの言う通りを信じてしまう。
・田中智学は「それ天下は悪に滅びず愚に滅ぶ」と言った。

・日本の新聞は嘘は書かない。ただ、大きな事を載せず、小さな事を大きく載せると事は逆になる。
・物事には7:3の側面がある。小さなことを社の方針で大々的に載せる。

・司法、立法、行政の3権にマスコミを加えて4権というが、本当はマスコミが1権だ。小選挙区制では、50%の得票が取れないと勝てない。そのため、政治家はマスコミの影響力を警戒し、世論に気兼ねするようになる

・小沢は国会会期中に、30数人の議員を連れて中国に行った。
・日本を買収するにはマスコミを買収するのが一番安上がり。血を見ずに日本をひっくり返せる。

・トヨタのマイナスも必要以上に騒ぐことで、余計この地方の中小企業が煽りを受ける事になっている。これは「マスコミ不況」だ。「ダメだ」「ダメだ」と言って不安を助長させているのだ。

・先週末のサンプロ。田原総一郎くんと亀井くんが、麻生大臣の郵政見直し発言について話していた。
あれは、麻生総理は「個人として反対ではあったが担当大臣として賛成した」「その後勉強して民営化がよいと思うようになった」「法律に明記されている3年後の見直しの時期が来たので、改善すべきところは見直したい」と発言したに過ぎず、何の問題もない。
そのことについて、亀井くんはきちんと麻生総理を支持していた。それに比べ田原君は、亀井くんが一緒になって非難すると思ってたようで、驚いた顔をしていたのが印象的だった。そして田原くんでさえ、きちんと勉強していないことに驚いた。
これと同じことは田母神発言にも言える。彼は「日本だけが侵略国家だったのではない」と言ったに過ぎない。それをきちんと本質を捉えず非難する輩が多い。結局マスコミが左がかっているからTVに呼んで欲しい為に左に擦り寄るのだろう。

・読売の渡辺くんも、中国に行ってから変わった。何も中国で「安倍政権を読売の力で倒す」などという必要はないはず。マスコミが独裁政権に握られていたらダメだ。

■三輪会長

・民主党は社会党である。
・マスコミが偏向しているかどうかと聞かれたら偏向しているに決まってる。週刊文春などは麻生悪口オンパレード。産経が相対的にマシなだけで、マスコミ全体が民主党にシフトしている。

・ここでひとつ大事な民主党に関するニュースをお話したい。鳩山兄が、こんなことを言っている。
「民主党政権が実現した場合、中央省庁の局長級以上の幹部にいったん辞表を提出させ、民主党の方針に賛成する官僚のみを引き続き採用する」
つまり、民主党の意向に沿う人だけ残ることになる。これをもしやって、また自民が政権を握った時に同じ事をしたらどうなるか?
行政の継続性が断絶されて、この国は滅茶苦茶になります。GHQだってそれはやらなかったことだ。
アメリカでは政権が変わるたびに金融機関の幹部がゴソっと政府の中に入ってくるが、それと日本では仕組がそもそも違う。日本でそれをやるということは、「ゴマをすれ」ということだ。
しかし、こんな日本にとって大事なニュースが全国紙では読売にちょこっと載っただけ。これだけ毎日自民党バッシングしていたら、ミーハーは民主党支持になって当たり前。今自民党支持を主張するには、よほどの信念がいることだ。

・自民党をマイナス500と例えたら、民主はマイナス5万だ。
・最近はTVでタレントがしたり顔で言う影響を受けてか、保守の間の中でも「いっぺん民主党にやらせてみたら?」という人が増えている。しかし、これは大変な間違いだ。

市長なら、いざとなれば市民がリコール出来るが、政権はそうはいかない。支持率が10%になろうが、居座り続けることが可能で、民主党政権になったら3?4年は続くだろう。その間に「外国人参政権」「国立追悼施設」「皇室典範改正」「人権擁護法案」等恐ろしい法案が次々に成立する危険性がある。

・小沢さんは民団に外国人参政権の成立を約束している。経済はすぐ変えられるが、人の身分に関わることは一度決まったら簡単に変えられない。一度選挙権を渡したら、簡単には剥奪出来ない、そしてその外国人が特定の地域に引っ越して集団で議会に圧力をかけたら、議会は彼らの意志に逆らう事は出来ないだろう。
つまり、”お試し期間のつもりが死ぬ”んですよ。

・もし今選挙があったら、愛知では自民全滅と言われている。東京や神奈川は善戦するが、田舎の県は負ける、で愛知は全滅。

・小沢さんは政権を取ったら党内の社会党勢力を切るのではないかという人もいるが間違い。彼は”学ぶ人”。細川政権は社会党を切ってダメになった。それを知っているから、左派を大事にし、彼らの望む政策を実行するだろう。

・民主党の事務局は、旧社会党の事務局である。これは伊藤惇夫さんという民主党の事務局長を実際に勤めた人が本で書いている。全員がそうではないが、本部県連などはそう。その事務局が政策を作るのだから左に決まってる。

・民主党は左から右まで自民以上に幅広いが、小沢さん以下「自民をぶっつぶす」だけが目標でまとまっている。

・民主党の政策本は、分厚すぎて何が書いてあるかわからない。読んでいると確かにいいことも書いてあるが、その中に隠すようにとんでもない左派の政策が書かれてる。こんなものを真面目に全部読む代議士も少ないので、ほとんどその内容を知らない。しかし、党の公式見解が書かれているものだから、政権を取ったらそれが粛々と実施されることになる。

・マスコミ、中日など複数の県で販売されるものはブロック紙というが、一番危ないのが県紙といわれる地方紙。ここは、社主は保守だったりすることもあるのだが、中身が左が多い。何故なら、地方紙はニュースを”共同通信”から買うから。

この共同通信が、政治・外交の分野でまっかっか。共同通信と聞くと、いわゆる外電で商売しているような気がするだろうが、実際は国内ニュースで商売している。

共同通信で象徴的な話題として、昭和天皇崩御の際に、編集部で拍手が起きたという話がある。また、記者の本の中に実際書かれていたことだが、「市民団体と提携して」やっている。この市民団体とは勿論”左派”市民団体である。共同通信出身の記者は、朝日などはまだまともな記者もいるが、浅野健一、辺見庸といった具合に見事に左翼ばかり。

共同通信はニュースだけじゃなく、連載小説も売ってるし、驚くなかれ社説も売っている。これは(参照)とのことで流すのだが、新聞社も自分たちで考えるのが面倒なのでそのまま流す。すると共同の論調が地方紙の社説を飾り全国各地で左になるという仕組。

・朝日新聞はロクでもない新聞だがひとつ役に立つとするなら、選択に悩んだ時は朝日の論調と逆を取ればいい。これは過去の歴史が証明している。戦後でいえば「単独講和か全面講和か」という問題があり、朝日は全面講和を主張していた。その後の「文化大革命」の評価、「大学紛争」への対応・・・。和田俊などは、あのポルポトを「アジア的優しさに溢れているようにみえる」なんて言っている。
東京スポーツの方がまだマシ。嘘は嘘だとわかるが、朝日はもっともらしく書くから性質が悪い。15年前は、小沢さんをボロクソにしていた。小沢さんは変わらないのに、今では小沢大明神扱いだ。

・民主党にも松原仁など、自民党議員よりまともな保守政治家はいる。が、彼らはあくまで”窓際”だ。民主党は幅が広いから、保守系集会になると彼らを出してきてもっともなことを言わせる。すると聞いている人は「民主党もいいこと言うじゃないか」と思う。そういう点ではイメージ戦略が実に上手い。

・民主党政権が出来たら、”小沢談話”が出る可能性がある。村山談話を超える売国談話になるだろう。

・今の自民党の弱点は、「右も左もない」こと。かつてのお得意さんたちを呼び戻すことが必要。

・小沢さんは平成5年に”日本改造計画”という本を出した。これ自体は非常にまともで、当時は支持者も多かった。しかしそれから、哲学まで変わってしまった。これは左傾化というより「打倒自民党」お金というより「自民党を倒したい」気持ちのせいだと思う。そういう点では”力学”ではなく”純文学”の対象だ。

つまり何を狙っているのかわからないから不気味なのである。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。