会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.04.10/ 16:32(Fri)
戦後五十周年の終戦記念日に時の村山首相がアジア諸国に向けて表明した所謂、村山談話を以後の内閣はこれを踏襲するという姿勢を通してきた。

ところで昨年、田母神俊雄・前航空幕僚長が、この政府の姿勢とは異なる歴史観、国家観を世に問うたことがきっかけで国民の良識が呼び覚まされ、村山談話の白紙撤回を求める市民グループの声が高まっている。筆者は村山談話だけでなく、同年の「不戦決議」やその二年前に突如出された「河野談話」についても速やかな撤回を求める立場ではあるが、現在の日本人の心を歪めている原因は、これらの談話や決議のみではないことを指摘しておきたい。

何故ならば、戦前の日本がアジア諸国への侵略や植民地支配を行ったという見解を公式に認めたのは村山談話や不戦決議が初めてのことではない。その顕著な例は昭和六十年十一月八日、衆議院外務委員会での小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁である。

これは社会党土井たか子議員から東京裁判(極東国際軍事裁判)の訴因とされた「平和に対する罪」とサンフランシスコ条約(日本国との平和条約)第十一条の解釈を問われた小和田局長は次のように答弁している。
「一般論として申し上げますと、極東軍事裁判の評価については学問的にはいろいろな意見がございますけれども、先ほども申し上げましたように、国と国との関係におきましては日本国政府といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます。その裁判の過程におきまして「平和に対する罪」ということが起訴理由になっておりまして、その訴因の第二十七で、被告が中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということが挙げられておりまして、御承知のような判決が出ているわけでございますので、そういうものとして政府は受けとめておるということでございます」。

小和田局長の見解とは日本国はポツダム宣言を受諾する際に「一切の戦争犯罪人を処罰すること」に同意した。

前後関係が逆になるが、ポツダム宣言を具体的に実施するために平和に対する罪が決められた。平和に対する罪とは「中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということ」と定義された。そして、この平和に対する罪という訴因で裁かれることになった経緯からその結果に至る一切を講和条約十一条で受諾した?というのである。こうした見解はそれ以前から存在したのか。否である。

小和田恆がこのような解釈をとるまで日本政府はまったく逆の見解でいたのである。このことを明らかにするには、昭和二十六年、講和条約を批准する国会審議の経過を見れば分かる。当時の議事録を見よう。衆議院・平和条約特別委員会では小和田氏の大先輩である西村熊雄条約局長(当時)が次のように答弁している。

「(平和条約)第十一條は、戦犯に関する規定であります。戦犯に関しましては、平和條約に特別の規定を置かない限り、平和條約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失い、裁判がまだ終つていない場合は釈放しなければならないというのが国際法の原則であります。従つて、十一條はそういう当然の結果にならないために置かれたものでございまして、第一段におきまして、日本は極東軍事裁判所の判決その他各連合国の軍事裁判所によつてなした裁判を承諾いたすということになつております」

と極めて明確である。
また、十一月十四日の衆院法務委員会では、佐瀬昌三議員の

「戦争犯罪というものは、今回の講和條約の調印によつて、全部終了したものであるかどうか、なお逮捕とか或いは裁判とかいうような問題が残されておるかどうか、打切りになつたのであるかどうかという点を、あらかじめ承知いたしておきたい」

との質問に対して、大橋武夫法務総裁(現在の法務大臣)は

「戦争犯罪という問題は、これはわが国といたしましては、ポツダム宣言の受諾によつて引起つて来た問題である、こう考えておるわけでございます。今回の講和條約の締結によりまして、当然ポツダム宣言というものは、関係国の間で効力を失うものと存じまするので、今後調印国の間におきましては、戦争犯罪という問題は発生の余地がないものと心得ております」

と答えている。更に大橋大臣は

「第十一條におきましては、これらの裁判につきまして、日本国政府といたしましては、その裁判の効果というものを受諾する。この裁判がある事実に対してある効果を定め、その法律効果というものについては、これは確定のものとして受入れるという意味であると考えるわけであります」

と答弁している。以上で明らかなように講和条約に調印、批准したときの日本政府は、本来の国際法では平和條約の効力発生と同時に戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失うのが原則であり、今回の講和條約の締結によって、今後は戦争犯罪という問題は発生の余地がない。また日本は講和条約の第十一条によって極東裁判を受諾したのではなくて、その裁判の効果(注:判決)というものを受諾するとの解釈でいたのである。

それから三十四年後、小和田恆氏はそれまでの政府見解を弊履の如くうち捨てて、日本はアジア諸国を侵略した。先の大戦が国際法、条約、協定などに違反する戦争であったという裁判の訴因をも受諾したものと解釈を変更したのである。この国会答弁を機にして、政治家、マスコミ、知識人たちは錦の御旗を得たとばかりに自虐史観を募らせることになる。その先頭に立ったのはあの中曽根康弘である。小和田解釈の翌年八月十五日に中曽根首相(当時)は中国の胡耀邦総書記に書簡を送ることになる。

その書簡には次のように書かれている。
「戦後四十年たったとはいえ不幸な歴史の傷痕はいまなお、とりわけアジア近隣諸国民の心中深く残されており、侵略戦争の責任を持つ特定の指導者が祀られている靖国神社に公式参拝することにより、貴国をはじめとするアジア近隣諸国の国民感情を結果的に傷つけることは、避けなければならないと考え、今年は靖国神社の公式参拝を行わないという高度の政治決断を致しました。二四六万に及ぶ一般の戦死者の遺族は、極少数の特定の侵略戦争の指導者、責任者が、死者に罪なしという日本人独自の生死観により神社の独自の判断により祀られたが故に、日本の内閣総理大臣の公式参拝が否定される事には、深刻な悲しみと不満を持っているものであります」― 

一国の首相が他国の最高指導者に宛てて斯くも卑屈な態度を呈するというのは、どのように解釈しても国民の常識を超えている。当然この書簡に書かれたことは更に二十年後、中国によって持ち出されることになる。王毅駐日大使が首相、外相、官房長官は靖国神社に参拝しないとの「紳士協定」が中曽根内閣時代にできたと公言する。

当の中曽根氏は「事実に全く反する。大使の記憶違いじゃないか」と否定、中国大使館に「事実無根だ」と抗議したというが、中国からみれば、紳士協定ができたとの認識は当然であろう。一国のトップが一国のトップに書簡を送り、公式参拝を行わないという高度の政治決断をしたと明言したのだから。生粋の日本人である筆者であっても、そう解釈をせざるを得ないのだ。中曽根氏という人間は国内ではどこまでも尊大に振る舞い、中国や韓国にはどこまでも卑屈になり下がる。国内向けの言動と国外向けの言動がこうも異なる人間は少ない。中曽根氏は「風見鶏」と渾名されたが、本質は風見鶏ではない。

鳥とも獣ともつかない立場を利用して両者にうまく取り入ろうと立ち回るコウモリのおとぎ話があったが、取り敢えず「コウモリ男」とでも形容しておこう。さて、わが国に自虐的で卑屈な風潮が蔓延る原因は村山談話や不戦決議などではなく、昭和六十年の小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁にすべてが発しているのである。元々火のないところに火を付けたのが小和田氏であり、そこに油を注いだのが中曽根氏なのである。

私たち日本人はこのことを永久に記憶に留めて置かなければならないのだ。小和田氏も中曽根氏も自己の属する国家に唾を吐きかけ、先輩に唾を吐きかけることで国の内外に高い名声を誇っている。小和田氏は国際司法裁判所所長であり、中曽根氏は大勲位である。かたや田母神氏のように「日本人は誇りを!」と述べた人間は有無を言わせずに、名誉を剥奪され、公職を追われる破目になる。嗚呼。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: 蟷螂の斧
 
Comment
 

初めて知りました。

小和田氏による解釈変更の件、初めて知りました。
小和田氏が妙な思想信条の持ち主だというのは、
以前から指摘がありましたが、日本国家の
根幹に関わる部分で歴史をねじ曲げ国益を既存
するこのような国会答弁をしていたとは、驚くと同時に
怒りがこみ上げてきました。小和田氏の令嬢が
皇室に入り込み、次期皇后になろうという状況が
生まれています。小和田氏の誤った思想が
皇室、しいては日本の将来に悪影響を与えることを恐れます。
ミケ

NAME:屋根の上のミケ | 2009.04.10(金) 16:49 | URL | [Edit]

 

No title

大和田氏の記事ありがとうございます。

最近の小林よしのりの女系天皇容認の内容を考え検索しているうちに、ここにたどり着きました。
記事をありがたく使わせてもらいました。

NAME:楽仙堂 | 2010.08.18(水) 21:04 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。