会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.07.04/ 21:46(Sat)
【記念講演に西村幸祐氏を迎えて】

六月七日、愛知県支部は愛知県青年会館において、本部から三輪和雄会長、隣県から岐阜県支部長、静岡県副支部長のご臨席を得て平成二十一年度総会を開催しました。
総会には前年度事業及び決算報告並びに新年事業計画、役員改選などの議案が上程され、滞りなく会員の承認を得ました。

来賓を代表して挨拶された三輪本部会長は来る総選挙において民主党が政権を取ることになれば国家の危機となることの具体例を挙げて説明され、日本世論の会をはじめとする良識が何としてもこれを阻止するべく一層の活動を盛り上げることの重要性を訴えられました。

総会に続く記念講演にはジャーナリスト、評論家としてご活躍の西村幸祐氏を講師に迎えて「反日マスコミを無力化するネット言論」と題して講話を頂きました。
西村氏は既存のマスコミがその本来の使命を捨て去って情報操作を超えるイデオロギー闘争に明け暮れている現状から既にマスコミは死んでいるとの観点から、新聞、週刊誌、テレビの編集に見られる多くの問題点を指摘され、言論の危機に強く警鐘を鳴らされました。


まず講演の冒頭では、NHKが歴史の真実に背く視点で日本の台湾統治を否定的に捉えた四月五日放映の「JAPANデビュー『アジアの一等国』」のタイトルバックを録画で紹介し、番組の企画者がこの短い画面に登場させた人物、事物、キャプションとこれらによるサブリミナル効果を駆使して巧妙に反日思想を視聴者に刷り込んでいる手法を説明されました。

会場の皆さんも普通なら見過してしまうであろうその画面づくりの巧妙さと講師の説明に接して、あらためてNHKの底意に気付かされた様子でした。

西村氏によれば今や既存のマスメディアを正道に戻す方法は皆無であり、今後何とか望みを繋ぐことができるのはインターネットによる正しい情報の共有や良識の発信であるということです。

現にインターネット世代といわれる若い年齢層からは既存のマスメディアに疑問を抱く真っ当な意見の発信が見られ、こうした言論がさらに増えれば、これまでマスメディアによる情報操作の実体を知らなかった人たち、或いは無関心であった大衆を覚醒させるのではないかというものです。西村氏はこうした状況をつくるためにも正しい情報の共有化のためのポータルサイトの立ち上げが望まれると説かれました。

講演後には質疑応答の時間が設けられました。出席の皆さんからは日頃の活動成果の紹介もあり、既存マスメディアに見られる問題の深刻さを痛感している愛知県会員の意識の高さが覗えました。
出席者の中にはインターネットに接したことがないという方も多くおられ、こうした方々からは反日マスコミに対抗するにはどうすればよいかという質問もあり、講師からは手段をインターネットに限らず、各々の立場でできる意見の発信を盛り上げていくことが大切であるとの示唆がありました。

また、来賓で出席された愛知3区の衆議院議員馬渡議員が、
「民主党が今、日本に13万人いると言われる不法外国人を、特例で合法滞在資格を与えようという協議を申し込んで来ている。自分も勉強会に出て初めて知ったのだが、このようなニュースを、どうしたらマスコミは取り上げてくれるだろう?どうしたら国民に知らせられるだろう?」
という質問をされ、それに対して西村先生が、保守系ジャーナリストと保守系議員との連絡会の立ち上げを提唱されて、馬渡議員と意気投合する場面もあり、現状の閉塞感を振り払う勇気を得た有意義な講演でありました。

その後場所を移して懇親会が催されました。支部便りで御馴染みの元衆議院議員塚本三郎氏の憂国の情溢れる話があり、大いに飲み食べ、西村先生を囲み、あるいはあちこちで熱のこもった政治談議の花が咲くといった、いつもの情景でしたが、新しく参加された方、飛び入りの方も臆することなく楽しく談笑なさっていたようです。

まだ話し足りない方は、その後二次会の喫茶店までくりだし、9時ごろ漸く先生を宿泊先のホテルへお送りしてお開きとなりました。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 事務局より
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。