会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.08.11/ 18:07(Tue)
「団塊NO-S23」です。 

自分の仕事話を言うのは好きではないのですが、嫌いでもなく、つまりは普通ですので少々記します。

なお、何らかの意図があってのこと?と深読みされるのは心外の極致ですので、公開されている事実関係のみを淡々と記していきます。
どうか「浅見光彦」とか「十津川&カメさん」のように、推理ゴッコをするのは、お止め下さい。


少し前だが、去年の11月27日17時過ぎに、松阪市にある「イオングループのショッピングセンター・マーム」で、つまりマームという店は「イオングループ」の店なのですが、警備員が同施設屋外に設置されている受水槽内部に、人間の死体が浮いているのを発見した。
警察に連絡したが、屋上から飛び降り自殺を敢行し、受水槽の屋根を突き破り、水槽内で浮いたと見られている。

11月28日に、このような記事が地元夕刊三重紙に掲載された。
11月30日に、ソースを地元夕刊三重紙とする2ちゃんねる・ニュース速報+スレが立った。祭り状態だったという。
12月2日に、J-CAST、Yahoo!、infoseekにニュース記事が載った。
12月3日に、地元夕刊三重紙が続報で、死後約1ヶ月とみられる・・・と明確に報道した。
12月4日に、あの朝日新聞に記事が載った。テレ朝、東海TV、フジ、TBS、讀賣TVで報道された。

概略はこんなところだ。詳細は「マーム 受水槽」でググればパーッと出てきます。(何故か「イオン 受水槽」でも出てきます)


さっ てっ と。 私はこの時期に、変な趣味に没頭しつつあったので事件は知らなかった。
新聞買っていないし、テレビはCh桜くらいしか見ていなかったw。 
ただ私も、特定建築物であるデパートで、建築物環境衛生管理技術者の資格で働いていたので(派遣だよ?ん)、

日頃、飲料水に関してどういう仕事をしていたかを簡単に言うと。

・週に1回の水質検査をビル末端の給水栓および水槽給水栓にて実施。 これは、残留塩素、色、濁り、臭気、味、を調べて記録に残す。

・この際に、水槽の外観検査を目視にて実施。 これは水槽の屋根を含む箱全体の損傷、配管損傷、防虫網の破損、などを調べる。

・なお、屋根のマンホールの鍵を開けて、内部目視をする施設もあるが、髪の毛や懐中電灯などの落下を嫌いスルーする施設もある。

・いずれにしても、外観目視を真冬だろうが真夏だろうが(サボらず)実施していれば、水質検査結果と合わせて、安心して飲用は保証可能。


ところで、事件後に松阪市保健所は水質検査を実施し、安全宣言を出したようだが、私は保健所の査察の際に、防虫網の破損(穴径2?ほど)を発見され、お叱りを受けた経験がある。 
人間落下でブチ開けた穴の大きさとは別の話だが。


また、マームの事件後報告では、ビル管(常駐設備管理員)は、毎日水質検査を実施していたようだが、東京では保健所指導で毎日検査を実施している、が他の都市で毎日実施している所は知らない。(大都市では増えたかもしれないが。ま、名古屋はチッチャイからね、週1だよ)

ただ、外観目視を約1ヶ月もやらないビル菅なんてのは聞いたことがないので、恐らくは夜間にやっていたのだろう。夜は暗くて見えにくい。


約1ヶ月もの間、マーム内の11飲食店や理髪店やエステ店、さらには惣菜店、従業員食堂(が有れば)などで、死体が入った受水槽の水を利用していたわけだが、
実は受水槽内の水は毎日の使用により入れ替わっていくし、事件発覚後に保健所検査でもOKだったのだから、さほど気にする問題でもない。

私が、それでも少し気になるのは次の事実だ。記事の中身は知らないのだが。

12月13日に、中日新聞・三重版で報道に対しての反省文が掲載。
12月15日に、中日新聞・三重総局長が自己批判。

先述のように、私は当時「情弱」だっので、全くと言っていいほど、この中日新聞の記事が意味するところを理解できないのだ。

もちろん推理する気など、これっぽっちも無いし。     キムラ


スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: キムラです
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。