会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.09.03/ 22:49(Thu)
平成21年8月29日、19時40分頃に「愛知護国神社」へ頼みに行った。
カーテン越しに事務所の明かりが漏れるだけ。 殆んど真っ暗で誰もいなかった。
賽銭泥棒と間違われる恐れすら感じたが、手と口を清めて通常作法で頼んできた。

その後にスケジュール通りw居酒屋へ行ったのだが、心は快晴ではない、曇天だった。

坐った席の横の、女性2人と話が弾んだんだが、つまり、心は曇天から快晴に急変したのだがw
明日(8月30日)が選挙日でもあり、他の客たちの会話にも、そんな内容が少々出ていたので、少しだけ政治の話を振ってみた。

集約すると、一生懸命に働いているが給料が少ない。絶対に政治家って庶民のことなんか考えていないよね。
オジサンはいいね年金貰えて。 こんなところか。 政治に期待するのは、自分の半径生活視認距離なんだろう。

外国人地方参政権の怖さを知っているか! 
人権侵害救済機関の怖さを知っているか! 
沖縄一国二制度の怖さを知っているか! 
地方分権の怖さを知っているか! 
夫婦別姓問題の怖さを知っているか! 
慰安婦法案の怖さを知っているか! 
東亜細亜協同体構想の怖さを知っているか! 
日教組主導教育の怖さを知っているか!

経済が好転するわけ無いだろ! 
税金がジワジワ上がるぞ!
外国人は東京マーケットから逃げるぞ!・・・・・・。
それでもミンスに入れるんかー!バカヤロー!

言えるわけが無い。 

目の前で喋るオネーチャンは、土曜も働いてきて、疲れを癒すために、イケメン店員揃いのその店に来たのだ。そのささやかな一時を壊す勇気は私には無い。

他の客にしてもそうだ。 自分で働いて得た金で飲みに来ている。 また店員も実によく働く好青年ばかしだ。

殆んどの日本人は、例外はあるにしても真面目に働いているのだ。その上、サビ残までしている者もいる。

仕事柄、ビルの清掃員や警備員の高齢者と沢山話をしてきたが、「孫に買ってやるんだ・・・・」、これが実に多い。

だからと言って政治経済に暗いのは問題だが、書籍なりを買い漁って勉強しろよ!テレビなんて信用するな!

常に頭をフル回転させろ! そんなことは私には言えないのだ。それは不遜なのだ。

江戸時代の市民は、政治には無関心でもよかった。 270年余の安定を齎してくれた幕府が優秀だったから。

今は違う。 270年余が証明する「理想的独裁国家」は唾棄され、民主主義などという、子供のゲーム以下の制度に誰もが翻弄されている。 有体に云えば「民主主義の奴隷たち」に成り下がっている。

民主党政権は間違いなく、選挙で支持した人々を、無慈悲に強烈に落胆へと追い詰めるだろう。

私は知っている、その運命を仕掛けた者たちを。 だが、奴らへの怒りと真逆の感情とでも云うべきか、見事に陥穽に嵌まった人たちを、愚弄する気分には到底なれないのだ。

私の歌詞カードを見ていたオネーチャンがポツンと言った。 
「これって特攻隊のことでしょ?『お前たち』って・・・」
ああ、こんな若い世代でも、特攻隊員や散った方々の運命を思う気持ちはあるんだな、と思った。
もちろん、納得してもらう説明はした。OKだ。(ひとりのオネーチャンなんか泣きそうだったぞ。オレもだが。齢だな)

誰の人生にも冷厳な運命が有る。そしてそれは国家にも有る。衰退するのもまた同じ運命なのだ。

そうだった、私は「愛知護国神社」へ頼みに行ったのだ。

「頼むから怒らないでくれ。こんな日本人に怒らないでくれ。詫びたいのはオレだけじゃないんだ」


「団塊NO-S23」キムラ
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(1)
Category: キムラです
 
Comment
 

切ないお話です

江戸時代は幕府が優秀だったので、庶民は深く考える必要はなかった。いまは、民主主義の時代ですが、民主主義というのはある意味残酷な制度ですね。ミケ

NAME:屋根の上のミケ | 2009.09.03(木) 23:27 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。