会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.10.18/ 13:18(Sun)
民主党を軸とする三党連立政権は、脱官僚依存、政治主導を宣言してスタートした。

与党の国会議員百人以上が大臣、副大臣、政務官、大臣補佐官として政府に入り、政策の決定を行うという。どの省かの事務次官が反対すれば案件が閣議にまで上がらないというこれまでの省益重視の弊害や、各省間の根回しのために時間が掛かりすぎ迅速な意思ができないなどの問題が指摘されてきた事務次官会議を廃止し、内閣が政策決定に直接の責任を負うということらしい。

選挙で大勝した民主党としては有権者を味方につけて公約どおりにことが成せると考えているようだが、現実はそれほど甘いものではなかろう。

民主党のいう脱官僚依存、政治主導がなぜ容易ではないか。ここで頷く人は多いと思う。

政治家が官僚をコントロールしてイニシアチブを握るためには、少なくとも自分が担当する政策について必要にして十分な資質、識見、法律立案能力がなければならない。この度選ばれた閣僚から政務官に至るまでそうした要件を備える人材がいるのか。また、建前ではあろうが政策実行と党運営は切り離して行うとしている。

これまでありがちだった族議員の意向や党内派閥の力学が働くような政治から脱するといえば聞こえはよいが、民主党幹事長の人品からして、そのような絵空事が通るとは思えない。

今回の世紀の政権交代とやらはマスコミの民主党への常軌を逸した肩入れと自民党政権へのバッシングによって多くの有権者の適正にして分別あるべき思考力を失わしめたことによる。

自民党の体質も地に落ちたものではあるが、今回の選挙では民主党公認候補という幟(のぼり)を掲げるだけで資質、識見、能力など殆んど関係なく赤絨毯の上を闊歩する資格が得られた泡沫議員たちが今後は次々に繰り出される亡国法案に対して、たった一人の独裁者の意向に唯々諾々で起立を決めるのであろうから、これまでの官僚型政治より、更にたちの悪い政治が行われるのである。

ところが民主党ホームページは『あなたが、歴史をつくったのです。民主党政権スタート』と大書している。歴史をつくったあなた(有権者だけではなく国民の多く)がこれまでの自らの不明に泣くことになろう。

民主党議員で過去に大臣を経験した者は十数人である。官僚の長所も短所も閣僚を経験しなければ分からないだろう。野党議員の立場にあったときは政権批判をしているだけで、国民の税金から歳費と活動費が与えられ、毎日の生活が保障されてきた贅沢なご身分であったから、今さら彼らが「国民が主役の政治」といっても眉にツバして掛かるべきである。

話題を戻すが、このたびの連立政権には官僚に依存しない政治を進めるだけの胆力と力量があるのか疑問に思うのみである。政権の発足からメッキが剥げた。国土交通副大臣に推された社民党の辻元清美議員は「わたし、やだやだ」とダダを捏ねた揚句、周囲に説得されて渋々ながら就任したという。こうした頭脳も人間性も未成熟な人間が官僚を使いこなすことなどできようもない。

辻元副大臣に期待するのはソマリヤ沖海賊対処について配下の国土交通省から海上保安庁巡視船を派遣してもらって、海上自衛隊には東シナ海の警戒監視に当ってもらうことである。

ところでそもそも官僚には顔がないのであって、政策の責任は負わない存在である。そうした意味では政治家が政策を決めて責任をとるというのは真っ当な考え方ではある。

連立政権の政治家にその資質があるかのということは先ほど述べたところであるが、必要な幾つかの資質のうち最も重要なのはその人の国家観であろう。最も大切な資質である「国家観」をもった人がどれだけ存在するのやら心細いかぎりである。心細いというより殆んど絶望的でさえある。

鳩山由紀夫という御仁が如何ほどの国家観をもつ人物なのか、常人には想像もつかない。鳩山氏が国民に説く国家観は「日本列島を日本人の所有物としない友愛国家」だそうだ。

民主党に限らずこれまで「日本列島は日本人のものだ」と毅然とした態度を示せない腰抜け議員は幾らでもいたが、鳩山氏のように公然と「日本列島は日本人だけ所有物ではない」と言い切れる国賊政治家はいなかったように思う。

確固たる国家観に非ず、いびつな国家観を持つ鳩山氏のような政治家の云うがままに官僚が従うことになればまことに恐ろしいことである。

このことを寧ろ大いに歓迎しているのは支那と韓国である。民主党が掲げる政治とは、我が国の将来を支那や韓国の政治主導に委ねるというものか。

岡田克也幹事長は経済産業省(旧通産省)出身の議員である。彼にとっての脱官僚はかなり意味が異なる。政治家が官僚依存から脱するのではない。省内の先輩や同僚、後輩官僚を踏み台にしてその組織から脱して国会議員になった自分という意味である。その上で脱官僚と言えるくらいに厚顔でなければ民主党議員は務まらぬということである。

民主党が官僚出身の議員が幅を利かせている事実を冷静に見ることができるのならば、彼らが為すべきは他党に先駆けて官僚出身議員を辞めさせることである。

「脱官僚依存」ではなくて「脱官僚出身議員依存」から始めるべきだ。これこそが、国民が主役の政治であろう。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 蟷螂の斧
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。