会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.11.16/ 19:53(Mon)
 *つくる会の方よりご依頼ありましたので、転載いたします。
 
 「できるだけ、一般の方に来て頂きたいと思います。現在使われているこの歴史教科書では駄目だということを分かっていただけたら」とのことです。よろしくお願いいたします。


 「碧南の教育を考える会 研修会」も今回で六回目の開催となりました。

 今回は前回までの問題点を反省し、何故我々の運動が求められるのか等、原点に戻って考えてみたいと思います。

 「子供の教科書」の偏向、自虐等だけではなく様々な面からみなさんのご意見を頂戴したいと思います。
 はじめて参加の方、最近教育に疑問をお持ちの方等も歓迎します。

 下記の通り開催しますので多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。
               
                              碧南の教育を考える会   会長  犬塚 敦統
                              自民党碧南市支部   支部長 県会議員  小林 秀央


【勉強会の予定】

第一部 自虐的・反日的歴史を学ぶ子供たちの精神や将来はどうなるのか
講師「新しい歴史教科書をつくる会」愛知県支部 西三河担当幹事 井上寛康
第二部 講師「日本人が知ってはならない歴史」全三巻
著者  若狭 和朋 先生

【日 時】 平成21年11月21日(土) 午後2時より

【場 所】 碧南市文化会館4F 視聴覚教室  電話 0566-42-3511


○若狭和朋先生の略歴

出身:九州福岡市

経歴:岐阜県の公立高校の教師を平成15年に退職
その後、人間環境大学の講師及び九州大学大学院 客員教授(教育学部・法学部)

その間に、米国ウィルミルトン大学で「教育崩壊の原理の研究・試論」により教育博士号(Ph・d)を獲得

現在は、発言集団シューレの代表として活躍。英語、独語、仏語に通じ、各国の近年の公開情報から、従来の歴史の通念を変えるような、貴重な新事実を発掘して発表。

著書:「日本人が知ってはならない歴史」 全3巻

チラシはこちらから
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 事務局より
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。