会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.02.22/ 07:05(Mon)
皆様方の、日頃の奮闘疲れを癒すために書かせていただきます。なお、これは実話です。証人を用意できますよ。

私の仕事「ビル菅」は、昔から幽霊話には事欠きません。特に警備員からはよく聞きます。
深夜に一人で懐中電灯頼りにビル内を巡回しますからね。

10年以上前としておきましょう。私は某ホテルで設備担当をしていた。
設備監視機器室と防災センターは同じ部屋だった。
22時に警備員が出勤し、23時に1回目の館内巡視を行う。
警備員が部屋に戻った後、設備員が仮眠室に行く。
こんなルーティンワークだった。
泊まりの設備屋も警備員も一人。プレッシャーは潜在的に、無意識に、かかっている。

ある夜、巡回から戻った警備員が速攻で言った。顔は真っ青ではなかったが、若干冷静さに欠ける感じか。
「キムラさん、見ちゃったよ。あれは絶対に幽霊だよ」と。
「何が?どこで?どういう?ホントに?」
私は、そういう類の話が大好きだから矢継ぎ早に訊き返した。
「2階のレストラン内を巡回しようと、あそこ外からガラス張りだから中が見えるでしょ。
いるんですよ人が。女性ですよ。たまに後片付けが遅れて残っている人はいたから、
そうだろうと思ったけど照明は消えている。まあ帰る寸前かもと思い、何も気にせず
入口の鍵を確認したら、あっ、あの入口の位置からは中が見えないでしょ、で、鍵は
掛かっていたんですよ。店内に入ると誰もいないんだ。もうひとつの裏口の鍵も掛かっていた。
さっき間違いなく見たんだよ俺は。そりゃ暗かったけど間違いないよ。幽霊かねえ?」

私は、ワクワク、ワクワクしてきたが、一応は現場責任者だったから確認した。
「で、そのことフロントには報告した?不審者だからねえ」
「ええ、バカにされるのを承知で伝えましたよ」と警備員。
(さあ、オイラの出番だな)と、気力の漲りを感じつつ、取りあえずフロント事務所へ向かった。
どうせ、高齢者の警備さんを笑い者にしているだろうと。
だが、休憩中のフロントマンは私に普通の表情で、
「あ、主任が今、行きましたよ2階へ。キムラさんが来たら、部屋で待っててくださいって言ってました」
(そうか、じゃ戻るか) 見に行くのは寝に行くついでにすることにした。

やがて、主任が我々の部屋に来て、警備さんに訊ねだした。
「お疲れ様です。ところでレストランで見た人って、中にいたんですね?」
「そうです。ガラスに映った外の人じゃないです、周囲を確認しましたから」
「どんな感じ?」
「う・・・ん。暗い中での後姿でしたから顔は見てないけど、白っぽい服装だったはずです」
「女性ですよねえ?」
「肩より長い髪だったから女性としか見えなかったけど」

そんなやり取りを聞いていた私は、何気なく口を開いた。
「主任、ひょっとしてその女の人ってさあ・・・」
急に主任が、そこで話を遮るように切り込んだ。
「キムラさん、ウエイトレスが自殺したこと、知ってるの?」

私も警備さんも知らなかった。そんなことがあったなんて。
主任は、噂を広めるのは困ると、お願いの上で概略を教えてくれた。
『・・・・・・皆さんと一緒にもっと仕事がしたかったのに、ごめんなさい・・・・・・・』
そんなような書置きがあったそうだ。自殺場所はホテル内ではない。

酔った不良親父の客に文句を言われたのか。目上とか同僚とかから苛められたのか。
恋人と離れたのか。原因までは分からない。知るのも不遜だ。
ただ、警備さんは、従業員が退館する際に、目の前を軽く挨拶していくのを毎晩見ている。
「そういえば最近見なくなった女の子がいたなあ。あの子なのかなあ」
こんな風に、やや寂しげに、その子の面影を追うように呟いた。
私は、その時、こんなような言葉を警備さんに言ったはずだ。
「〇〇さんが、さっき見たのは幽霊じゃないよ。その子がホントに仕事してたんだよ」


「団塊S23キムラ」
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: キムラです
 
Comment
 

博識のイケメンは、知ってるんだろ。

「男の幽霊」も「ビジュアルな(女の)幽霊もいるぞ。 (らしい)

まず、男の方だけど、誰が、リストラされてホームレスに墜ち、野垂れ死にしたような「男の幽霊話」を面白がる? 稲川さんでも敬遠するさ。

ビジュアル系幽霊の話は、何かで聞いたか読んだぞ。
昔、ディスコのお立ち台で踊っていた女王級の女が、急に店に通わなくなった。
どうも交通事故で死んだらしい。そんな噂が立った。しかし、詳細が分かるにつれ不思議なんだよ。その時期がな、合わないんだよ。
踊りに通っていた半年くらい前なんだよ、交通事故で死んだのは。

NAME:団塊S23キムラ | 2010.02.22(月) 21:08 | URL | [Edit]

 

本当に怖い話

本当に怖い話。
現代人は死んだら終わりだと思っているため、死後に魂が肉体から抜け出せない人が多いという。

死後しばらくすると、魂としての意識が目覚めるので、その意識を持ったまま、つまり生きながら火葬されることになる。火葬されて肉体を失った人は、当然そのまま幽霊になる。

また、事故などで死んで魂が肉体から放り出されると、やはり死んだことがわからずにさまようことになる

つまり現代人は大した未練や執着がなくても幽霊になりやすいってことですね。

NAME:加藤8823戦闘隊長 | 2010.02.23(火) 22:41 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。