会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.07.14/ 06:42(Wed)
小学6年生の時、下校時に、親友だった連れと殴り合いの喧嘩をやった。
何故か選挙の話になり、そいつの伯父さんが、共産党市会議員だと知ったからだ。
適当に相槌を打つなど以ての外、共産主義の脅威を果敢に諭したわけだが聞く耳持たずだ。
当然、男どうしだから殴りあいになる。

とにかく、ひと振れも無く日本が好きで、反共産主義を貫いて来たが、政治に対する組織運動には全くノータッチだった。
不良少年に堕ちず、社会人として会社に貢献し、健全な国家繁栄に極々微力ではあるが尽くそうと生きてきた。
それでよかったのだ。
大都会東京での享楽は充分満喫もしたし、現在(いま)の若者と違って未来は確かに明るく見えた。

もちろん勤務する会社が支援する選挙事務所に入っていって、当時は平気だった酒なんかを飲んで話したり、ポスター貼りくらいの手伝いはやったことがある。
それくらいの活動は、政治に少しでも関心のある者なら経験があるはずだ。
(会社には第2組合の共産党系も有ったが、頻繁に罵倒文を送りつけてやった。評判の天敵だったらしいw)
もう自民党の勝利など余裕の選挙戦時代の話しだが。

但し、政治の組織運動には疎遠であっても、意見具申は結構やった。
PCどころかワープロすら無い時代から、手書きの文書を議員に送付したりもした。
要は、群れを頼らず一人で突き進んでいく。これが基本の人間なのだ。

いつの頃からだろう?どうもテレビがおかしい。しかも、その威力たるや国民の意識操作に強力に反映されていく。
ここに注目しだした。

創刊号から、まず殆ど毎月購読していた「正論」に、一時期、会の宣伝が掲載されていた。
そこに、マスコミどうたら・・・が載っていた。
マスコミ撃破は単数では無理がある。数の集合が欠かせない武器になる。
団体行動とは最も距離を隔てる性格の自分が、入会をした主たる理由がそこにある。

明らかな偏向番組のスポンサー企業に、会上部の指令で全会員が(若干アレンジを考え)質問趣意書を送付する。
こういう戦法が、windows98デビュー時期に、可能だと考えていた。
大した作業でもないのだから。現にアチラさんたちは、頻繁に実施する定番作戦だ。

だが、現実は、まずPCの普及度から計算が狂った。
上部命令に従う姿勢も、個々人の思いを忖度する前には強要不可能を知った。
運動部時代では、上部命令絶対服従だった経験を持つ自分としては、 少々不思議に映ったことだが。
何故なら、勝利を目指す心は共通に決まっているのだから。
理不尽なシゴキにも耐える理由が、そこに生じる。

でも、そんなことはもうどうでもいいのいだ。
何れにしても、組織力の限界を見たわけだ。
大体からして組織が、いくつもいくつも在るなんて現実が信じられない。
プロ野球のリーグ戦じゃあるまいし。
勝ち上がった組織が、ソフバンとロッテが属すリーグと雌雄を決するみたいじゃないか。
最終目的なんて一緒なんだろう?違うのかよ。

いま自分は、自分の原点に回帰する道を選択した。
個人の議員に個人で関与していく道を。

まず、議員の後援会に入る。
当然のこと、政策に関する意見も遠慮なくメールで突きつける。
実は、この作業が主目的なのだ。美辞麗句などで飾らない。疑問点は明確に述べる。
今より更に議員に近い環境のはずだ。忌憚無く言わせてもらう。
知識才覚が凡庸な議員ならば脱会する。それだけのことだ。

支援金も総て各議員へシフトする。
チャンネル桜の2千人も下りる。
食べ物を、貧乏人でもない人たちに差し出す趣味もないし。
ただ、チャンネル桜の意義を全否定する理由は持ってはいない。
しかし、同じコアな立場の支援をするのならば、議員個人へ支援する策を選択した。
寄付金は各議員、年間最低要求金額なら余裕過ぎる。もっと遥かに出せる。

現在のところ、最低でも5人は考えている。
いずれも現役の国会議員だ。(もちろん全員女性議員。理由は深い)
冷淡なようだが、未来の議員候補には関わらない。
評論家たちのスピーチ集会もパスだ。
理想を求めはしない。
現実に国政を動かせる人に期待する。それしか無い。
次期選挙で落ちれば関係は断ち切る。

日本国の復旧工事は急務なのだ。
経済、外交、軍事、環境、福祉、教育、スポーツ振興・・・・・
全く無思考脳天気の国民も含め、絶体絶命の状況下に日本人は置かれている。
これは誰もが打ち消せない決定的事実なのだ。

国会議員を叱咤激励しなければならない。
国難を憂いていても、愚痴をこぼすだけじゃ変化は起きない。
もう既に一歩踏み出した。
立つ位置は違ったが、お互いに頑張りましょう。

「団塊S23キムラ」

スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: キムラです
 
Comment
 

No title

組織力に限界があるのは確かだし、
群れを頼らず一人で突き進んで行けたら、
それはすばらしいことです。

組織上部の命令一下動く。
軍隊でもない限りこれは無理でしょうね。今の世の中では。
技術系のキムラさんからみると非効率的でしょうけど、
これが現実だし、人間的だということです。

でも、いくら小さくあやふやで頼りなくても、
いざとなると物をいうのは、結局、組織だと思いますけどね。

NAME:ナイヤガラ | 2010.07.14(水) 13:26 | URL | [Edit]

 

No title

キムラさん。今度の選挙結果で決断されましたね。
男の生き方です。ちょっとあせっていらっしゃる
感じもするけれど、、、、、
いいでしょう!
昔、日本に金持ちがいた頃、芸術に、文学に、
お金を出してくれました。必要でしょう。
成果を期待してます!

NAME:ていちゃん | 2010.07.14(水) 17:34 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。