会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.09.24/ 17:59(Fri)
 
------------------------------------            
くやしい!なんと言われようがくやしい!

日本という国家が独立を失った瞬間である。

どうして船長を粛々と国内法で処理しない。それが独立国家である日本国の当たり前の姿だろう。

いままで、自分の国は自分で守れず、アメリカにおんぶに抱っこされてきた。しかし、まだ自民党政権のときは、アメリカのポチといわれようがきちんと日本の安全保障については考えられており、対処されてきた。

しかし、このカンナ音(薄っぺらで何の中身もない総理大臣の名前)は、思いっきり日本の国威を失墜させた。

鳩山のルーピー発言でオバマ大統領を激怒させ、小沢の大訪中団でCHINAにひれ伏し、更に天皇陛下を政治の道具にし、そして菅の半島への謝罪談話、そして今日の船長釈放決定である。

この政権はやはり日本の国益などまったく考えない売国奴政権だ。

日本にCHINA人が来なくなってもいいじゃないか。誇りのためなら我慢する国民だぞ。日本とCHINAは持ちつ持たれつの関係で、片一方だけが困るというようなものではない。

日本からの技術供与がなければ、どうしようもないCHINA情勢をどうして見抜けないのか。

これで世界の笑いもの、みんなから見放された。自分の国を守ろうとしない日本のために、どうしてアメリカ兵の血を流してくれようか。

アジアの国々も日本に失望したに違いない。

民主党が言っていた本当の政権交代の意味はこれだったのか。日本をCHINAへ売り渡し、三流国民へと貶める事だったのか。

大ばか者の日本国民はこんなに大きな代償を払わされたのだ。日本を少しでもまともな国にしようといくらあがいても仕方ないのか。

すぐに民主党へ抗議のメールを送りましょう。国民の声を聞かせるのが一番の方法です。

悔しくて今日は眠れない。最悪の日だ。

せっかくイチローが10年連続200本安打を放って喜んでいたのに、せっかく白鳳が連勝を伸ばしているのを応援していたのに、売国奴政権のためにこんなに悔しい思いをするとは。

カンナ音よ、すぐ切腹すべきだ!



------------------------------------
【目覚めよ潜在的日本が大好きな日本人】
------------------------------------
CHINAの主張がどんどんエスカレートしています。この脅威に対してすでに目覚めているこれをお読みの日本大好きな日本人はいいのですが、まだ目覚めていない潜在的日本大好き派はそろそろ起きてもいい頃ではないでしょうか。


尖閣諸島は日本の領土です。この領土は先人たちが血と汗を流して守ってきた土地です。そのおかげで、その島々の周りにある漁業資源や地下資源を私たちが活用する権利があります。
学校で習いませんでしたか? 日本は資源が何もない小さな島国だって。そんなのは嘘っぱちです。日本ほどこれから必要な資源がいっぱいある国はありません。たとえば;

1人的資源

なんと言っても勤勉な約束を守る人たちであふれています。だからテレビで 約束を守らない人や犯罪を犯す人が話題になるのです。アメリカでは普通の殺人事件はテレビのねたにならず、CHINAではその事件があることさえ発表しません。
しかし、日本では殺人事件を何日もテレビのワイドショーで流すではありませんか。それほど日本は平和なのです。

日々自分の職務に命を懸けて取り組んでおられるたくさんの日本人がおられます。それが資源といわずなんと言うのでしょうか。

先日友人が香港のディズニーランドに行きました。そこで『東京のと何が違う?』と質問したところ、『規模は小さいのは知っていたが、係員のやる気のなさがとても目に付いた』といっておりました。

ディスニーランドの魅力の一つに、従業員が誇りと笑顔をもって働いている姿にまた感動する人も多いと思います。カリフォルニアのディズニーランドと同じ印象を受けました。こう見えても東京ディス二ーランドには60回以上、アメリカでも3回ほど行っているディズニーファンなのです。

香港のディズニーランドの従業員はやる気がなく、服装もだらしなく雰囲気は最低で、人も少なかったそうです。『じゃあいいことなかったね』というと彼は、『いいえ、人が少なくアトラクションが乗り放題だったから良かったです』とノー天気な事を言っていました。園内で日本語はついに聞かなかったそうです。

同じディズニーのコンセプトで作られたテーマパークでもこれほど違うのかと驚いた次第です。日本はアメリカから入れた概念に日本の「おもてなしの心」を注入し、和洋折衷のすばらしいディズニーリゾートを作り上げています。セブンイレブンだって同じです。これが資源でなくなんでしょう。

2.水資源
日本人の先人たちは古来より木を切るとその後に植林を行ってきました。山を良く見ると都市に近いところは杉やヒノキになっており、それも数百年前に植えられたものであることが分かります。本来ならば落葉広葉樹のほうが、保水能力や川やその先の海を豊かにする働きがあるのですが、諸外国に比べどれだけすばらしい緑があるかを感じて欲しいと思います。

日本人は常々高い木に神が降りてこられると信じ、「神を祈りて、神に祈る」ことをしてきました。つまり神を招いて(降臨していただいて)、降りてきていただいた神に祈るのです。地鎮祭などで神職が「オォー」と声を出すのは、神が降りてきた事をあらわします。

日本では、森に神が宿りますが、西洋では森は狼や悪霊がすむ恐ろしいところだったのです。そういう宗教的な違いもあり、日本人は木々を大切にしてきました。そのため川が豊かになり、その植物性のプランクトンを動物性のプランクトンが食べそれを小魚と食物連鎖を大切に守ってきたのです。それに各時代の為政者が治水事業を行い、水を大切に保護するとともに、治めて来たのです。

その伝統が残る日本では、今でも都市の水道が直接そしておいしく飲める数少ない国のひとつとなっています。しかし、他の国では水資源の枯渇が叫ばれており、CHINAの黄河は干からび、オーストラリアでも乾燥した大陸となっています。

水があれば太陽エネルギーで電気分解ができ、いろんなものに利用できます。日本にはこれが豊富にあり、またそれを利用できるインフラが整えられています。

これが資源といわずして何というのでしょうか。

3.海洋資源
日本国の回りは海です。その為、この海が他国の侵略を阻み、独自の文化を長い間熟成させながら保つ事ができました。儒教にしても、その解説書の多さは日本語が一番であると呉善花先生から聞いたことがあります。その教えにしてもしっかりと日本国民のDNAの中にしみこんでいますが、本家の大陸や半島には形骸化したものしか残っていません。

その海の下にたくさんの資源が眠っている事が分かりました。そうするとまた日本は豊富な資源のある国になるのですが、それを狙っているのがCHINAです。だから人民の生活を犠牲にしても海軍力を増強してここを取ろうとしています。

それに日本国内では民主党政権という日本が好きではない派の政権が出来上がっており、軍事同盟を結んでいるアメリカとの関係にたくさんの亀裂が走っているからチャンスと見たのでしょう。どんどん貪欲にCHINAのエゴをあらわしています。大陸に進出した企業はカントリーリスクそのものに見舞われているのです。

それを守るためにも、米軍が沖縄に必要です。この事態でも沖縄で基地は要らないと騒いでいる人たちは、その矛先を米軍ではなく、CHINA海軍に向けないのですか?

憲法9条があるからといっている人たちは、憲法9条を尖閣諸島に並べて人間の盾を作ったらいかがです。実際に実行するならば、私も参加しますよ。

「専守防衛」という言葉は、日本人が死なないと反撃してはならないという意味ですが、誰が最初に死ぬのでしょう。あなたの子供たちかもしれませんよ。

こういう事態になってもノー天気にいられるほど日本は平和ではなくなってきています。

治安を守る公安委員会では、重要な情報を岡崎大臣に上げていないでしょう。なぜならあげるとすぐにパチンコ業者を通じて半島に流出するからです。残念ながら日本にはスパイ防止がありません。大臣がその情報を流しても誰も逮捕できないのです。

有能で勤勉な公安の方々はきっと大臣には当たり障りのないことしか報告していないと信じます。本来であるならばいけないことですが、こんな売国奴を大臣に、それも治安を守るための部署に配置するカンナ音(薄っぺらで何の役にも立たない総理大臣の名前)や戦国良しと思う人の任命では仕方ありません。

こういうときです。日本が本当に好きな人は目覚めましょう。それが今一番求められている時です。

(歴史ナビゲーター)◎井上政典         甦れ美しい日本より
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。