会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.09.29/ 08:07(Wed)
「仙谷はミスったな。所詮は知恵も勇気も無い男だよ」
Shocyu水割りを急ピッチで飲みながら彼はポツリポツリと口を開いた。
オレは軽く頷いた。だが、総てはゲーム開始から分かりきっていたこと。注目すべき帰結点は、どこまで日本政府が恫喝に屈して、どういう醜い姿で跪くかだけだった。
どうも彼は、今回の日本政府は闘うのではないかと期待していたようなのだ。
「分かるよ確かに。当初、那覇地検が公表しようとしたビデオ公開を仙谷は止めたんだろ、更に起訴さえしないで・・・」
「はあ?そんなことは始めっから分かりきっていただろ。いいかい中国が要求している賠償金だって政府は払うからな。既に土石流何たらで1億出しただろ。後はアジア開発銀行とか機密費袖下ルートとか何でも有りだからな。ただしだ、オレが言いたいのは、そんな低レベルの話じゃねえ。あ、さっきビデオがどうたらと言ったけど、あんなの公開してたとしても何の効果も無いよ。中国は尖閣諸島を歴史的に中国領だったと世界に宣言している。それはつまり、海上保安庁の艦(ふね)は中国の領海侵犯を意味する。被害者は中国。これが中国の立ち位置だからな」
慰めようとしたオレは肩透かしを食らった感じがした。彼は続ける。
「あのなあ、鉱物資源その他の港止めとか、要人対話拒否とか、民間交流禁止とかは誰でも読めただろう。オレは恐らく、在中国日本人が数人惨殺されるとと思っていたぜ。もちろん犯人なんて永久に不明だ。それでな、中南海は関係ねえと言うどころか、日本が悪辣な侮辱行為を継続している現状に起因する自業自得とも云える、くらいのメッセージを投げてな。フジタの4人が生きたまま逮捕なんてラッキーと思っているんだ」
彼は中国人を、容易に殺人鬼に豹変する野蛮人みたいに断定した。もう彼の口は止まらない。
「いいか、いいか!この決定的な事実をアンタは忘れたのか?民主党は表も裏も日本人の敵だよ、中国・南北朝鮮の繁栄を心底から切望し、その実現化に向けて狂奔している売国勢力だぜ、忘れたのかアンタは?民主党政権になってからの証拠事例でもズラーッと並べてやろうか、ええおい」
オレは言葉に窮した。それくらいは知悉していたつもりだったから。しかし・・・国内法で粛々と捜査を進める・・・領土問題は無い・・・。これらの言質に僅かな、ほんの僅かな期待感を表層意識の外で抱いていたのだろうか?・・・判らない。
ん?オレは彼に訊いた。
「そういや、仙谷がミスったと言ったよなあ、どういう意味なんだい?」
彼は10秒くらい考えていた。その意味を、では無いだろう。そんなことも分からないオレに話しても、理解が得られるかを心配していたのだろう。
だが、酒の勢いも手伝ったのか、彼は一気に喋りだした。
「オレはなあ、常に、相手がオレだったらどういう戦術戦略に出るかを考えている。今回の事件は、売国政権ミンス・ジャパンにとっては、まさに、まさに、千載一遇のチャンスだったんだよ。それで、オレが仙谷だったら何をしたかだが、そんなん簡単さ」
彼は、空になったグラスを見た店員さんの「おかわり作りますか?」の問いに、「当然」と応え話を続けた。
「まず、中共の観測気球になった船長を逮捕した時点で、速攻で世論調査を報道機関に命じる・・・」
その世論調査の質問内容は次のとおり。

?中国と戦争になっても船長の裁判は行わなければならない。
?戦争は絶対避けるべきで最後まで話し合いの道に努力するべき。
?分からない。
?考えが全く浮かばない。

「こんなように訊くんだよ。もちろん?の話し合いが圧倒的に多いに決まっている。しかしだ、万が一にも少なければ、あの手法を使うだけだ。そう、鳩山と小澤が消えて民主党の好感度が一瞬にして急上昇しただろ、あれだ。そんな数字は作っても誰にも分かりゃしないしな・・・」
「ちょっと待てよオイ!」
オレは話を遮って言葉を強引に捻じ込んだ。
「いくらなんでも今回の事件は国民もニュースを注視してるぞ。中国が一切の話し合いに応じなかった強行態度は知ってるぞ。それでも話し合いを望む国民が多いって納得いかんなあ」
「だからあ、ったく、チェッ!もうオマエは年金指折り数えて歌だけ作ってろよ。いいか、話は最後まで聞けよな」
彼は自分が仙谷だったらの戦術を、戦略を力説した。だが相当に酔っていて、同じことを何回も言ったり、さらに彼独特の、結果を最初にズバッと言って、後から理由付けをする、つまり、聞く相手に最も効果的な話法の連発だった。日本国は終わったよ、と唐突に言い放てば、誰もが、何故だ!どうしてだ!と構える。だがその後で、民主党政権になったから、と理由付けをすれば誰だって納得をする。その話法の連発だった。
だから、ここは何方にも分かりやすいように、彼の考えをオレが纏めてみた。

国民の世論調査で、平和的話し合いを望む人の割合が、85.3%の数字と出た明くる日に、政府声明を国民に向けて発表する。(えっ!?嘘のゴサンパチ・・・って、何それ?)
政府声明とはこれだ。
日本国民に申し上げます。わが国は過去の侵略戦争において中国国民を3500万人以上殺戮しております。
国民何方も承知している事件がありました。僅か数日で30万人もの無辜な人々を惨殺した、世界中が認める「南京大虐殺」です。
太平洋戦争が終了した後、中国は、一切の戦争賠償金を日本に要求しておりません。
それらの罪は確かに現世代の人が被るものでは無いでしょう。しかし、私たちの親が、祖父が、先祖たちが犯した罪なのです。これは日本国が続く限り永久に負わなくてはならない約束事なのです。
ここに政府は、直ちに船長の身柄を解放し、総理が北京に赴き、海上保安庁の独断拘束行為を謝罪いたすことに決定いたしました。

「・・・・と、まあこんな風にだよ」
彼は、まるでオレの極限にまで達した怒りを嘲り笑うかのように言ったのだ。
多少のデモやチラシ配りをしてきたオレは、一部国民の怒りを知らないわけがない。すかさず反論をした。
「そんな声明を出したら、とんでもないことになるぞ。国民のデモ活動も過激を極めるぞ」
「 愛国デモなんて無いんだよ。今まで何回何千人がデモをやった?1回でもテレビニュースで取上げて頂いたかwデモの趣旨をテレビニュースで紹介してくれたか?無かったんだよ、そんなデモは。これからも全く同じだ、断言する」
グのネも出なかった。彼は畳み掛けた。
「オレが何故、仙谷はミスったと言ったかだが、いいかい、もしもそんな政府声明を出したらだよ、いいかい、日本のマスコミは、3500万人以上の殺戮とか南京大虐殺とかは大嘘だとは絶対に報道しないからな、絶対にだぞ。もう規定なんだよマスコミでは。だから当然の如く一切の波風立たずで時は流れる。ここだ!ここなんだよ、最も重要な部分は。オレたち歴史事実に精通した一部の人々は言うまでもなく、テレビ報道が神の御託宣と疑うまでもなく全面的に信用している人々ですら、そうなっちゃったらなあ・・・・あのなあ・・・折れるんだよ・・・完全完璧に・・・・心がな・・・にほ・・・」
彼は堪えながら、言葉を絞り出していた。泣きたいのは彼だけじゃないぞ。

間違いなく日本人から、日本国の誇りを、日本人に生まれた喜びを、将来に亘り強奪出来ただろう。
二度と立ち上がれない自分を、そして日本国を、日本人は心に焼印を押された如くに意識させられただろう。
中国、いや南北朝鮮もか、それらの奴隷国家で行くしか選択が無い国だと諦観しただろう。
何を言っても、何をやっても、絶対的に敵わない存在に屈するしか術が無いことを悟るだろう。

では何故なのか?
何故「仙谷」は、日本を日本人を敵視する「仙谷」は、酔っ払いの彼が言うところの政府声明を発表しなかったのだろう?
日本人の精神を消滅させる千載一遇のチャンスを何故、逃したのだろう?
分からない・・・。彼が言うように、知恵も勇気も無い男だからか。
違う。そうではないはずだ。
オレは帰りのタクシーの中で深く考えた。その答えは出た。
仙谷は間違い無く確信しているのだ。

『もうとっくに日本は終わっている』 『死人に鞭は不要だ』


「団塊S23キムラ」


(追)
断るまでも無くフィクション(妄想)ですのでヨロシク!

スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: キムラです
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。