会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.12.04/ 14:11(Sat)
  
中井!)元国家公安委員長が先の国会で皇室に無礼を働いた問題で、自民党が当然のように攻勢を畳み掛けると思って書かずにいましたが、何も仕掛けないので書きます。

逢沢一郎国会対策委員長の携帯が式典中になった問題で、谷垣自民党総裁は逢沢氏の国会対策委員長の何らかの処分を速やかに行えばよかったのにと思うのは私だけでしょうか。この処分をしないことが、民主党にいいわけをする言質を与えているのです。谷垣総裁も『泣いて馬謖を切る』様な非常な決断をしないといつまでも政権奪還できないですよ。

きっとそうすると思った私が甘かったのですが、自民党がすぐにそのカードを切っていれば、民主党だって中井氏の処分を検討しなければならなくなったはずだし、皇室を大切にしようとする自民党の姿勢が国民にアピールできて支持率も上がったはずです。

もともとこの中井氏は国家公安委員長時代から、議員宿舎のカードキーを愛人に渡すし、SPを帰して路上チューを週刊誌に取られるし、そして最も許せないのが、特定失踪被害者の会の荒木代表が金元工作員に写真を見せて確認してくれといっても何を思ったか許さず、荒木代表が悔しくて男泣きしたと聞いた事です。

国民の税金で金元工作員を接待しているにもかかわらず、日本国民が拉致された事件の解決の糸口になればと来日させたはずなのにもかかわらずです。


更にもう一つ、今回の民主党の「子ども・男女共同参画調査会(会長神本美恵子)」は、選択的夫婦別姓制度の導入を事実上容認する提言を党政調委員会に強行提出したと産経新聞で報道されていました。

まず、この「子ども」という名前だが、漢字で「子供」と書けば良いものを、子供は親の従属物ではないと家族破壊論者の考え方がもろに出ている。人間の子供ほど、産まれてすぐ歩けず、自分で餌をとれず、不完全な形で世に生を受ける。それを、一人前の人間に生長させるのが親の役目のはずである。その「子供」に対してわざわざ「子ども」というのは、どういう家庭環境で育てばこのような考え方になるのか。

日本は古事記のいにしえより、イザナギとイザナミの夫婦によって国産みがなされ、それが天皇家へと繋がってきています。家族の最小単位は夫婦であると明記されている国柄なのです。それを別姓にするということは、家族の統一性や帰属意識が薄れるし、夫婦を中心とする家庭を根本から覆すものです。

今でも、仕事上で不便な方は結婚後も旧姓を名乗っているし、それにより回りも何の不自由も感じていません。つまり、法律を改正する「緊急の必要性」がまったくないにもかかわらず、それに民主党政権が危うくなってきた今こういう提言をするのは、自分たちが政権にいる間に法制化をすすめて、日本解体を少しでもすすめようという魂胆が見え見えです。

調査会の中には、世論に合致していないという反対意見も少なくないにもかかわらず、それを強行して政務調査委員会に提出した事は、民主党が日本国民の願いとは別な日本国の未来を考えている事だと思います。

この二つの事件は、民主党の日本解体を巡る象徴的なものです。中井氏の皇室を軽視した言動は、日本国の国体の大本、つまり権威の根源である皇室をないがしろにする事により、2670年間続いてきた精神的価値体系の破壊を企ていることを垣間見せたものです。

それに、この神本委員長の選択的夫婦別姓はその日本国の最小単位である夫婦制度の破壊につながり、それは、家族崩壊を助長させるものであります。

子供手当てのように社会で子供を育てるという民主党の考えがこの破壊を増長させ、「家族で肩を寄せ合って生きる」とか、「家族で艱難辛苦を耐える」という言葉が死語になってくるでしょう。

ディベートで、改正しなければならないと主張する側を攻撃するのに、改正しなくて良いと主張する側は、どうして今改正しなければならないかという「緊急の必要性」を主な論点にするのが定石です。しかし、民主党のこの委員会はなぜ今しなければならないかを十分に国民に分からせていません。ただ、女性を権利を守るとか、両親のいない子供の権利を守るだとか言っているに過ぎません。

本音は言えないのです。日本の解体を目指しているわけですから。

男女共同参画というのも、日本解体論者の巧妙な言葉遣いで産まれています。男女が共同で物事をするというには、誰も反対しません。男女は同権であるという主張にも誰も反対しないでしょう。でも、男性と女性は機能が違うのです。女のほうが圧倒的に偉いのです。どんなに男が偉そうにしていても、子供を宿し、命を誕生させる事は女しかできないのです。

少子化が叫ばれているにもかかわらず、この男女の生理的・動物学的な違いに目を向けないのはおかしいでしょう。
「男は命がけで家族を守る、そして女は命がけで新しい家族を世に送り出す」これが、本来の男女の性差だと思うのですが、皆さんいかがですか?

日本の最高神は天照大神という女性の神様です。男性の最高神が主流の世界でとても特異な存在なのです。だから社会的にどんなに偉い人でも、家に帰ると奥さんに頭があがらないのです。それでこそ家庭がうまく収まるものなのです。

これを民主党のリベラル派(なぜこういうように呼ぶかまったく分からない・私は日本解体派と呼んでいる)は推進しようとしており、政権の断末魔と共に、これを置き土産にしようとたくらんでいるように思えてならない。つまり、大多数の日本国民の考えなど関係なく、日本を解体しようとする連中が巣食っているのが民主党政権であるという事は間違いないことです。

ぜひ、皆さん自分の選挙区の民主党議員にメール・電話等で抗議をしてください。日本の伝統を崩してはなりません。それが、この伝統を引き継ぎ、そして後世に伝えていく私たちの役目だと思います。

井上政典 (歴史ナビゲーター)  甦れ美しい日本より転載
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。