会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2008.06.01/ 00:00(Sun)
     
     団塊の世代が国を滅ぼす
 
                         5月15日
 後期高齢者医療制度の評判が悪い。
いろいろ問題があるにせよ、今の制度のままでは少子化で
若者に大変な負担がかかってしまう。
そんな理屈が分別のある老人に判らないはずがないのに、
やれ、 取るものだけは年金からも容赦なく取る、
年寄りは死ねというのか、 などと文句たらたらである。
日本の老人って こんなに僻みっぽかったかしら。
 
 明治時代、島津家の家庭教師を勤めたイギリス人女性エセル・ハワードは 回想記で、
日本人は子供から老人に至るまで、自制心が極めて強く、人を怒らせたり、
感情を傷つけたりするのを避けようと、いつも微笑を絶やさない、 と書いている。
また日露戦争の時、あのすばらしい自己否定の精神が国民の間に浸透し、
世界中の人々のよい教訓となり、日本の戦勝の基調となった。
貴公子から貧乏人に至るまで、かれらの自己否定ははっきりしていた。 とも。
 
 とても同じ日本人とは思えないわね。
明治の日本は、今よりずっと貧しかったけれど、
人々はみな、我慢強く思いやりがあり、無私の心と愛国心を持っていた。
日本が一流国家となったゆえんよ。
 
 といっても現代の老人を明治の老人と比較するのは、ちょっと酷だと思う。
だって、明治の老人はとても大切にされていたんだから。
国家からも社会からも、そして、家族からもね。
国家のために命を捧げれば、国家が報いてくれた。
家族のために働けば、十分な感謝と敬意の返礼が得られ、
働けなくなれば、子供が面倒をみてくれた。
年金も保険も必要なかったのよ。
これじゃあ立派な老人になるしかないじゃないの。

 でも今の老人は、家族のため、社会のため、懸命に働き、
親孝行を当然の義務として果たしてきたのに、
なぜか自分にはそれが期待できないと知って愕然とする。
いつの間にか、自分の子供にさえ、頼む、と言い辛い、
水臭い世の中になってしまっていた。
何が後期高齢者だ。何のために頑張ってきたのだ。
そりゃ文句のひとつも言いたくなるわよ。
 
 この風潮を作ったのが私達団塊の世代。
自分のことは自分で、と当たり前のように考えてきた。
子供に迷惑は掛けられない、と。
それを正しいと信じ、団塊特有の独善性で
他の世代にまでこの価値観を強要した。
そして昔ながらの、親は子を育て、子は親を養うという世代間の義務、
先祖との絆を断ち切ってしまった。

 今となればこれが、家族を崩壊させ、日本をだめにしたのよ。
子供を甘やかし、親の扶養どころか
育児もまともにできない半人前を量産。
自己犠牲の心など、今の日本ではもはや望むべくもないわ。
老人がキレるのもむべなるかな。      (玲) 
        
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(1)
Category: サヨクにカツ
 
Comment
 

戦後の世の中で昔の日本人としての理想像が廃れてしまったのでしょう 戦前の日本にはまだ武士道を大事にする風潮が残っていた。 大量消費社会の時代が日本人の温故知新の精神をうしなわせたのではないでしょうか。
私は老人になったら世の中に奉仕する余生を送りたいです。

NAME:夜雀 | 2010.11.26(金) 06:14 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。