会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.01.05/ 19:53(Wed)
無題
松木です。

 岡崎トミ子国家公安委員長は「元従軍慰安婦」への国家賠償を実現するための法案を国会に提出する動きを見せており、地方議会でもあちこちで「従軍慰安婦への謝罪と補償決議」がで採択されています。もしこれが実現すれば日本の将来に大変な禍根を残します。「日本軍が強制連行して慰安婦にした」などというのはもともと反日日本人や朝日新聞などが日本を貶めるためにでっち上げた歴史のねつ造であり日本が非難されるいわれは全くありません。
 
 「従軍慰安婦」なるものは最初から存在せず、民間の売春業者が募集した売春婦であり世界のどこにでもある軍人相手の売春宿で働いていた女性たちです。それを韓国では「日本が女子挺身隊という名目で何十万人の朝鮮の乙女を無理やり徴用して慰安婦にした」と歴史をねつ造して学校でも教えているのです。さらに「日本軍は慰安婦狩り」を行い、畑作業などをしている女性たちを無理やり拉致してトラックに積み込み警察の留置所にほりこで人数がまとまったら軍隊に送って慰安婦にした」と韓国では本気で信じて日本を糾弾しています。

 もしこれが事実なら当然謝罪すべきでしょう。しかしそれらは当然ながら事実無根です。私たちの父祖がそのようなことをするはずがありません。「女子挺身隊」とは戦地へ赴いた男性の代わりに工場で働いた女性であり、慰安婦とは全く関係がありません。まして「慰安婦狩り」など法治国家であった当時の朝鮮であろうはずがありません。
 いわゆる「従軍慰安婦」について政府が調査した資料は積み重ねて2メートルにもなるほどの膨大なものでした。そしてその中には「強制連行」を証明するものは一つもなかったのです。逆に政府資料を見れば見るほど、日本軍がいかに慰安婦の人権を尊重していたかがわかります。「強制連行」どころか政府の公式資料は日本軍や警察が一般婦女子(朝鮮半島を含む)が騙されて「慰安婦」にされることがないよう悪徳女衒を徹底的に取り締まっており、拉致された女性を全力で救出していたことを示しています。

 しかし河野官房長官は「強制連行」を認める談話を出してしまいました。この政府調査結果とは全く逆のことを言ったのです。韓国の圧力に屈し、当面の外交問題を乗り切るために韓国におもねて何の根拠もなしに私たちの大切な日本の歴史を平気でおとしめ、これを外交の道具に使ったのです。これ以上の売国行為があるでしょうか。
日本が「謝罪」することによって「挺身隊として徴用して慰安婦にした」ことも「慰安婦狩り」をやったことも「事実」となり、世界史に定着してしまうのです。そして私たちの子孫は未来永劫「野蛮な性獣」の子孫として糾弾され、民族の誇りを奪われた日本は屈辱に塗れながら衰亡に向かう以外にありません。

 そのようなことにならないよう、私たち日本人は徹底的に過去の歴史にこだわり、あらぬ言いがかりに対しては一次資料をつきつけて論破し、私たちの父祖の名誉をまもるとともに子供や孫たちに誇りある日本を残さねばなりません。そのための一助となるべく、今回日本会議殿の依頼に基づき、政府資料をはじめとする一次資料をもとにブックレット「従軍慰安婦強制連行はなかった」を執筆いたし、明成社より発刊いたしました。
本冊子は「強制連行肯定派」の主張を確実にに論破できるよう下記の通りQ&A方式でわかりやすくまとめました。多くの方に読んでいただき、日本の名誉を守るためにご活用頂ければ幸甚に存じます。

Q1  従軍慰安婦とはどのようなものですか
Q2  韓国では「従軍慰安婦」がどのように集められたと教えていますか
Q3  「女子挺身隊」とは実際にはどのようなものでしたか
Q4  「女子挺身隊」が慰安婦にされた証拠や証言はありますか
Q5  なぜ韓国では「挺身隊」と「慰安婦」を混同しているのですか
Q6  「日本軍による慰安婦狩り」は本当にあったのですか
Q7  「慰安婦狩り」があれば暴動になるはずですが
Q8  なぜ韓国では今でも「慰安婦狩り」が信じられているのですか
Q9  「慰安婦」は実際に誰がどのように募集していたのですか
Q10 「慰安婦」の募集においてどのような問題がありましたか
Q11 日本政府は募集上の問題にどのように対処しましたか
Q12 なぜ「軍が募集に関与した」と非難されるのですか
Q13 日本軍は「慰安婦施設」をどのように扱っていましたか
Q14 日本軍が慰安婦を「性奴隷」にしたというのは本当ですか
Q15 慰安婦に「外出の自由」がなかったのは「性奴隷」の証拠では
Q16 なぜ戦後四十年以上経ってから慰安婦問題が浮上したのでしょう
Q17 河野洋平官房長官はなぜ強制連行を認めたのですか
Q18 「強制連行」を肯定する根拠があったのですか
Q19 河野談話によって日本の立場はどうなりましたか
Q20 日本の名誉回復はどうすればよいですか

表題 「従軍慰安婦」強制連行はなかった
    ?政府調査資料が明かす河野談話のウソー
    松木國俊著 明成社刊 A5判 56頁 定価630円(本体600円)

お申込み先
 日本会議事業センター 〒153?0042 東京都目黒区青葉台3-10-1-601
 (電話 03?5428?3723) ファックス 03?5428?3724
 下記を明記いただきファックスにてお申込みください

  お名前(フリガナ)
  ご職業又は所属団体名
  お届け先ご住所及び電話番号
  お申込み部数

 一括購入割引 5冊以上 500円 10冊以上450円 100冊以上 350円
 (なお書店からのご注文には割引は適用されませんのでご注意ください)

  
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(1)  Comment(1)
Category: 読者の投稿
 
Comment
 

ホンマにいい加減にしてほしい

強制連行はなかったことは事実であるのに、なんら抗弁しない、河野談話を踏襲する意味が分からない、慰安婦問題に関しては腹が立って仕方がない兵庫県の者です。
本はまだ読んでいませんが、内容はほぼ知っていることです。でも日本人でこれを知っているのがどれだけいるのか、そして知っていても何も行動しない、行動できない(私も含めてですが)人がどれだけいるのか。逆に強制連行があった、韓国が言うようなことが実際にあったということを信じている人も一定割合います。海外では韓国系の奴らが、この嘘を広めています。こんな状態をほっておいていいわけがありません。この本を英語・フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語に翻訳するか、CDに画像も含めて収録し、日本に来る外国人にはすべて手渡し、見てもらう。そして海外に行くときにはすうじゅまい持参してでも世界中に広めなければなりません。
とりあえず、『従軍慰安婦,強制連行はなかった』のホームページを日本人全員が見、河野談話を白紙撤回し、世界に日本の潔白を証明するべきです。ねつ造された慰安婦問題で日本にゆすりたかりをする韓国とは国交断絶してもいいと思います。

NAME:大西康雄 | 2013.08.01(木) 10:46 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
【2012/06/08 16:06】

 

 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。