会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.04.02/ 09:06(Sat)
金さえ儲かれば日本人が何千万人死のうと関係無い。金さえ儲かればいいんだ。
こう「東京電力」の「余りにも不潔っぽく、みすぼらしく映り、加齢臭爆裂放出を想起させるヨボヨボの老人経営者ども」は考えていたのだろうか?
私は、そう考えていたと確信している。
何故なら、確信させるに足る厳然たる証拠を見ているのだから。
全世界の人間が、それを見ているのだから。
妄想ではなく、証拠とも云える現実を見ているのだから。
それにしても、老人の汚らしい容姿および内心が最大級に露出している経営者ども。
そいつらに跪き、労働を強いられている東京電力の現場系技術屋たちは何を思うのだろう。

「広瀬隆」氏の著書は過去に何冊も読んだ。
しかし、共産党系の匂いが満載であり、破滅に至るストーリーも現実離れと一蹴し、本は何時しか総て整理(破棄)してしまっていた。

考えてみたら、広瀬氏の著書以外にも、けっこう原発物の書籍は読んでいた。
昔から原発には興味があったからだ。
だから、原発に対する安全論を、時には「職場」で「居酒屋」で「知人寄合」で語ったこともある。
だが、抜けていた。完全に抜けていた。「津波」だ。
もちろん、書籍にも「津波」対策は記されていた。それでOKと踏んでいたのだ。
どうして専門家が言うことを「それは嘘だ!」と批判できよう。
ただ、広瀬氏は確かに津波に負けると言っていた。
だが、イデオロギー的に合わない人なので無視をしてしまったのだ、私は。
しかし、津波被害などと無縁の生活をしてきた者としては、それが普通の感覚ではないのか。

とは言うものの、電力会社は、津波被害と無縁の組織ではないのだ。有事の際には当事者なのだから。
当然、歴史的事実を検証して原発を設置しなければならなかった。
私の天敵「共産党」だが、本件に関しては、津波による破滅的被害を予測して、政府や東電に申し込みを行っていた。
種々のネットサイトや資料を読み漁ると、福島原発事故だけは確実に「人災」なのだ。
東京電力は「御用学者」を駆使して、長年に亘り政府をも煙に巻いてきたのだ。
ラッキーが続いて福島原発は運転を続けてこられたが、最後の最後に運は尽きた。
民主党が、運転続行を承認した時点で尽きていたのかもしれない。

地震・津波発生から現時点までの情報知識は、もう誰もがご存知であるから記しても意味が無いだろう。

安定原子、不安定原子、原子核崩壊、放射線、放射性物質、ベクレル(Bq・放射線単位)、グレイ(Gy・吸収線量)、シーベルト(Sv・線量当量)、透過力、アルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、ウラン238、ウラン235、ペレット、燃料棒、MOX燃料(プルトニウム混入)、プルサーマル炉、制御材(ホウ素、カドニウム)、制御棒、軽水減速軽水冷却圧力容器型沸騰水炉、軽水減速軽水冷却圧力容器型加圧水炉、中性子、減速材(水)、沸騰水蒸気、タービン、発電機、冷却水循環装置、S波、P波、緊急炉心停止装置、ECCS(緊急時炉心冷却装置)、停電時稼働自家発電装置、非常用放射性物質低減フィルタ、ジルコニウム合金製被覆管、原子炉圧力容器(鋼鉄製・T=160ミリ)、原子炉格納容器(鋼鉄製・T=30ミリ)、原子炉建屋(鉄筋コンクリート製・T=1?2メートル、鉄筋直径38ミリ)、原子炉設置場所、強固岩盤、海抜数値、などなど、などなど・・・・・・

こんな話を細々と仔細に語ったところで、『報連相wが食べたいのだが、何か?』が直近の関心事だろう。
マイクロだろうがミリだろうが、『放射能は怖い』で終わっちゃうんだから。

ところで私は、一応メールだけはしておいた。そう、政府に。
福島原発の現場状況は、テレビ報道、原子力安全・保安院、のチャラチャラ情報は基より、CNNやBBC、インターネットなどの鉄板情報で、だいたい把握しているからだ。

(福島原発収束への途)

福島原発事故を収束に至らせるには、まず放射能の概念を頭から完全に切り離しなさい。
どういう作業を経なければ収束に至らないかを真剣に検討しなさい。
株価を上げるためのヘリ放水的作業みたいな立案は厳禁とせよ。
再度言うが、その際に放射能という言葉は忘れて、作業内容だけを純粋に考えなさい。
作業内容が固まったところで、最後に、各作業アイテムに於ける被曝線量予想を算出しなさい。
その数値によって、作業実施を躊躇することは如何なる危惧が予測できても裂けること。
収束に至るまでに必要とされる作業者人数を算出しなさい。
日本には、高齢の現場系技術者や技能者は膨大数存在する。
ポンプのエア噛みなんか一発で処理する職人。
ストリッパー無しで、高速で配線作業をする電工。
メータレンジの切り替えを絶対に間違えなく読み取る検査員。
圧力系配管防水作業の名人。
メガ不足箇所を経験で判断し測定する達人。
基盤切れをジャンパー線で見事に修理する半田付けの鬼。
ワイヤー、しゃっくる、を巧みに使い、重量物をバランスよく吊り上げる玉掛屋。
音と振動だけで機械の稼働状態を把握できる神業士。
どんな仕事でも対応できる人たちは多数存在している。
日本国民に拡く、そうした作業に従事する希望者を募りなさい。
強く、強く日本国民に訴えかけなさい。
彼らは「一時的みなし公務員」として雇用しなければならない。
生命に係わる仕事であり、被曝その他に因る治療費は、本人加入の健康保険範囲内で処理する旨の誓約書を取り交わすこと。
共産党系の弁護業者たちに、飯のタネを与えては絶対にならない。
日本人は、国難に際して、拱手傍観など出来ない民族だ。
真摯に訴えかければ応募者は多数出てくる。必ず。はずだ。
もちろん、言うまでもなく、君たち政府の人間たちが現場対応をする必要は全く無い。また期待など皆無だ。
期待するのは、現場作業者の足を引っ張るなと、それだけだ。
以上


「団塊S23キムラ」

スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: キムラです
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。