会員参加型ブログです。投稿お待ちしています。
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

世論の会愛知県支部編集部

Author:世論の会愛知県支部編集部
日本世論の会について。

ご覧のブログは
【日本世論の会 愛知支部】
 のブログです。

http://yoronaichi.blog120.fc2.com

*初めての方は、
 まず↓こちらをお読みください。
日本世論の会について

(2010年6月6日)
■日本世論の会 愛知県支部総会
 記念講演会 *動画*

*投稿・ご意見は
yoronnokai.aichi@gmail.com
迄お寄せください。

■世論の会 本部 ブログ
http://ameblo.jp/nihonyoronnokai-honbu/
(会長:三輪和雄)


■会長 三輪和雄の活動内容は

【日本文化チャンネル桜】
で確認することが出来ます。

■チャンネル桜 ニコニコ動画




■チャンネル桜 Youtube




■チャンネル桜 動画まとめ



何時?誰が?
どのテーマで?
何を発言?
サポートサイト
「チャンネル桜 動画まとめ」
で探せば目的の動画がみつかります
http://chsakuramatome.seesaa.net

★三輪和雄コーナー
「断舌一歩手前」
クリック
過去の発言が
一覧になっています
クリック
-------------

「河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名活動をおこなっております。
署名用紙のダウンロードはここから
河村市長の「南京事件否定発言」を断固支持」する署名出来ます。

QRコード

QR

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2008.07.27/ 15:44(Sun)
 今年もまた八月十五日が訪れる。福田康夫首相は「相手が嫌がることをあえてする必要はない」という人だから靖国神社に参拝することはおそらくないであろう。

 ところで一昨年公開された富田メモは公開直後に秦郁彦、半藤一利によってメモに書かれた内容は昭和天皇のご発言に間違いないと発言し、靖国神社に否定的な人たちを大いに勢いづかせてしまった。  

 このメモに懐疑的な人もあれこれと憶測を巡らすことで昭和天皇のご遺徳を傷つけることを憚ってか議論は終息してしまった。しかし今後このメモの真贋については明らかにしておくべきであろう。
そうでなければメモに記された言葉が恰も昭和天皇のお気持ちであったかのような誤読が定着してしまうことをけねんする。中学校歴史教科書にこのメモを記載すべきという意見が出てこないとも限らない。

 さて、昭和天皇は学習院初等科をご卒業になり、以後東宮御学問所で学ばれたときのこと倫理の御進講役であった杉浦重剛から「君徳とは」との試問を受け、即座に「日月に私照無し」とお答えになられたという。日月に私照無しとは「太陽や月は偏ることなく、すべてを平等に照らす」ということである。

 また先帝陛下はお仕えの者から「お庭に雑草が増えてまいりました。処置を致しましょうか」と問われ「雑草という名前の植物はないのだよ。すべての植物には名前がある。庭はそのままでよい」と仰られたと聞く。

 日月に私照無しもすべての植物には名前があるの御言葉もすべてのものに平等で分け隔てのない愛情を注がれていた先帝陛下のお心を表すものであろう。この陛下がよもや富田メモにあるような御言葉を口にされるとは思えない。

 陛下が最後に靖国神社にご親拝になられたのが昭和五〇年一一月二一日であり、その後今日まで中断している。また、所謂A級戦犯とされた方々の合祀は昭和五三年であって、昭和天皇最後のご親拝から二年も経過してのことである。前日の国会では陛下のご親拝が公的か私的かという不毛の議論はなされている。しかし靖国神社に合祀されておられる英霊の性格についての議論は皆無である。(昭和五〇年一一月二〇日の国会議事録参照)

 然るに富田メモの内容が昭和天皇のお言葉を記録したものでないことは容易に推察できるのである。
 そこで秦郁彦、半藤一利共に先帝陛下のお心をまったく理解していないということもまた容易に推察できるのである。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 蟷螂の斧
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 日本世論の会 愛知県支部, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。